忍者ブログ
労働、社会保険の処理裏情報を解説します。
            
[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

社会保険庁などは、なせ゛保険料をごまかすのか。
それは、保険料が高すぎるからだ。
今まで、十分取ってないのであるから、
不足ぎみになるのは、国民や政治の責任だろう。
社会保険庁のごまかしは、
会計検査院の追及を逃れるためだ。
社会保険事務所内部でも、業務課と
徴収課では、立場が違うのだ。
業務課は適用しようとするし、
やめさせまいとする。
徴収課は、いくら督促しても払わない
会社だけでなく、払えない会社のことも考えている。
だから、借金の棒引きをしてるともいえる。
損失は、国がいくらでもかぶるなら、
ごまかすなというのも通るだろう。
だが、今の経済状況を考えず、徴収率など
ナンセンスとしかいえないね。
民間になれば、ますます、
それはひどくなると思う。
払わないやつは、さつさとやめさせるだろう。
また、個人で入る道を狭めてる。
それも良くない。
もともと、赤字の事業であり、
民間では不可能な事業だ。
極端なことを言うと、階級闘争を
防いでいたり、税金を少なく見せる
ためのからくりとも言えないでもない。
社員から普通に取り、差額を稼ぐ、
それは良くないが、勝手ににやめていたり、
そういうのは悪質である。
低めに出すのは、まだ法律を遵守している
会社だから、ましだ。
まったく入らないなどという
会社もあるのだからね。
それが、一番悪質な会社である。
罰則が無いので、それがいけないのだ。
法人は他人が一人でもいると
強制加入なのだかから、
いつそのこと、法人個人の壁が
あること自体、おかしいのではないかな。
まじめな人は払うと思うしね。
徴収するのに楽をしようとするからだ。
それなら、国税庁と同じにしたら
それは先ほどの理由から、
たちまち、労働争議の元になるだろう。
今の制度はおかしい。
しかしそれなりの理由がある
それだけは、理解して欲しいものだ。
それて゛は、労務士はどう考えるか。
または関与してないのか。
それは、ナンセンスな質問だ。
繰り返すが、強制加入に入らない
方がもつとも悪質であり、
あきらかに犯罪であり、
入るやつはまだ、ましということだ。
もう少し知りたい人は私の
ホームペーシ゜お越しください。
http://www.no-tenki.jp
携帯で連絡を取りたい人は
FC2携帯ホームペーシ゛
http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/no-tenki/?pnum=0_0
ノー天気労務士の携帯サイト
にお越しくだされば、
そのままワンクリツクで
事務所に電話もできます。
もちろんメールもできます。
忍者ブログの4つのサイト
ノー天気労務士の
バイトパートのサイト
ノー天気労務士の
年金分捕りサイト
ノー天気労務士の
労働紛争負けてたまるか
ノー天気労務士の
労務管理のサイト
も面白いしためになるので、
ので読んでね。










PR
+この記事にコメントする+
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
+トラックバック
+この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
ノー天気労務士
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/06/17
職業:
特定社会保険労務士
趣味:
ミュージカル
自己紹介:
三流大学を浪人して卒業。就職には失敗し、一度目の就職は営業だが、あえなくクビになる。大学教授に泣きつき、先輩の会社に何とか入社。マツタ゛の下請け会社で、現場の溶接作業に従事、そこでひどい腰痛になり、その職場も断念。治療の傍ら、社労士試験を受けたが、
1回目は落ちた。2回目は専門学校に行き、何とか合格したものの。社労士事務所の就職は無く、受験講座の先生に泣きつき、某労働保険事務組合に入るが、女のこととかもあり、仕事の態度が悪かったため、クビに、その後、大変苦労し、昭和63年に開業した。同期のものは今はものすごく客がいるが、私は泣かず、未だ飛ばずです。20年近くたってようやく、遊べるようになる。劇団四季キャツツに出会い衝撃を受ける。その後、全国を飛び回り、四季の、子供ミュージカル以外、ほとんどのミュージカルを見た。自称にせ石丸幹ニである。年金については執念を燃やし、服部栄蔵年金道場を大阪に数度に渡り、行くが、レベルの高さにショックを受ける。その後、服部年金講座を数度、広島に誘致する。自らも年金講習会をNTT、新生銀行などで行う。大栄教育システムで、社労士受験講座の講師も勤めた。弟子は数が少ないか゛、現在、社労士会の役員になるなど、そうそうたる、メンバーが名を連ねている。弟子の方が、本人より、社労士会では認められたり、大きな事務所を運営している。一見でたらめに見えて、ちゃんとツボを抑えた指導には、舌を巻く人が多い。見かけと全然違う男である。第1回特定社会保険労務士試験に合格。それ以前から、労働争議の指導解決に尽力した実績あり。簡易裁判所まで、同行したり、労働基準監督署で、何時間もやりあうような男である。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報



忍者ブログ [PR]